FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

(海賊版)【ゆっくり文庫】 蒲松齢 「幽鬼」













①、原作について



 清代に蒲松齢によって書かれた中国の怪異譚 『聊斎志異』に収められた短編小説、「小謝」。

 この蒲松齢という人物は面白いひとで、街ゆくひとに「変わった話はないか?」と聞いていたそうだ。社会的な地位としては「小謝」の主人公と同じく生員のまま一生を過ごした。家庭教師を引き受けて生活しつつ、何度も受験するも、どうしても郷試に受からなかった。
 そのせいか、『聊斎志異』に出てくる主人公たちは生員であることが多い。

 原作は妖艶。

 この一言に尽きる。性的な描写もあって色っぽい。400年前のライトノベルとも呼べる。『聊斎志異』の中には幽鬼と化け狐が人間の男を取り合って争う話なんかもある。幽霊と酒を呑んで友達になったり、花の兄妹と一緒に暮らしたり、絵の中に入り込んで生活したり、バラエティ豊かで面白い。「酒虫」も『聊斎志異』の作品だ。また、当時の物語らしく政治色も入っており、風刺が効いている。











②、動画と原作のちがい



 動画と原作では色々と違う。


 まず、最初の導入シーンからして原作にはない。居酒屋のシーンは2005年のドラマ「聊斎志異」からアイデアをもらった。(こちらは中国のTVドラマで日本語化はされていない) 他にも、幽鬼が本を投げ合ったり、陶が友人と話し合ったり、道士との問答から、果ては物語のオチまで原作と違っている。


 一番大きな差異である、物語の結末について説明しよう。



 原作では道士の札で幽鬼が人間に戻って、三人で幸せに暮らす
 動画では逆に人間が幽鬼になって、三人で幸せに暮らした


幽鬼_Moment3





 これは奇をてらったわけではなく、伝えたいテーマのために改変したのだ。












③、テーマについて





 台本段階では、物語内で2度も明言させるつもりだった。


 ただ、私が解答をポンと出すだけでは、視聴者の皆様に、頭を使って考えてもらえるか不安だった。だから、主人公は友人の「どうするんだ?」という質問に対して、無言の笑顔で応えさせた。道士も主人公の質問に対して「既に答えを出しておる」とはぐらかすように変更した。(半年前の私なら、こーゆー小技を思いつかなかったでしょう)



幽鬼_Moment2







 「幽鬼」のテーマは
 その人物の良し悪しは、当人の行いによって決めるべし。でした





 「幽鬼だから」「自分にとって邪魔だから」という価値基準で行動していた初期の主人公はボロボロに疲弊するが、そういった色眼鏡を外して、自分と同じ、尊重すべき相手として幽鬼と接するようにした主人公はうまくいく。(ここら辺の決意表明を、中盤の居酒屋のシーンで行わせる予定でした)




 最後の決断のときに主人公は「自分が幽鬼たちに合わせよう!」と腹を決めた。だからラストが原作とちがうのだ。原作の、幽鬼が人間に戻ってしまう結末は、「やっぱり人間って最高だな!」という動画のテーマとはまったく異なる答えに行き着いてしまう危険性があった。正直、こういった翻案に対する皆様の反応が読めず、動画を作りながらずっと不安だった。











④、動画作成について




 幽鬼を可愛らしくみせることに尽力した。
 可愛らしさというものは顔の角度ひとつで崩れてしまうこともある。本家本元のゆっくり文庫さんの強化素材があったおかげで表現できる幅が広がり、より可愛らしくなった。そもそも灰色の顔パーツがなければ、幽鬼を作る気にもなかなかっただろう。いつもながら、ゆっくり文庫さんには頭が上がらない。




 上でも述べたように、制作しながら何度も不安に襲われた。
 「制作中断」の文字が頭をチラついた夜もたくさんあった。それでも私が手を動かせたのは、いくつかの幸運が重なったからだ。まず、私以外のゆっくり文庫のリスペクト動画がいくつも投稿された。他所様の動画を見ると元気を貰える。特に最近投稿され始めたソウ助さんは投稿ペースが速く、「止まっている場合じゃないな!」と背中を押された。(他の投稿者様方にも個別に感謝の意を表明したいところではありますが、涙を呑んで割愛)



 もちろん、皆様のかつてのコメントからも助けてもらいました。
 ありがとうございます。



 次回は番外編動画を挟みます。お楽しみに!


スポンサーサイト

(海賊版)【ゆっくり文庫】 レイ・ブラッドベリ 「ロケット」













①、原作について




raybradbury.jpg
(レイ・ブラッドベリ)


 原作は1950年に書かれた22Pほどの短編SF小説。

 当時のアメリカは絶好調で、燃費の悪い大型車がよく売れたそうだ。宇宙開発に関してはロシアが犬を宇宙に送り込むよりも前。アメリアがV2ロケットを改良して宇宙にハエを放っていたような時代である。それからざっと70年近くたった。(ワシらはロケットに乗っているかね?

 原作は動画ほど結論をはっきり言わない。実に文学らしい奥ゆかしさだ。



 












②、動画制作について



 今回は「紙芝居から演劇へ」を意識して動画を作った。

 過去の二作はどちらもナレーター(霊夢)が読み上げる地の文が多かった。そのために「紙芝居っぽさ」が感じられた。それはそれで良いが、別の手法も学んでおきたかった。ゆっくり文庫さんのような「演劇らしさ」を出すために、地の文を削り、キャラの動きと会話文を増やした。キャラの表情をころころ変える編集は手間が掛かるが、面白かった。主人公のボドニがロケットに乗って、宇宙旅行を妄想するシーンは地の文を削りまくったせいで伝わらないかと危惧していたが、動画のコメントを見るに杞憂だったようだ。うれしい誤算だ。

ロケット_Moment妄想




 SF動画のための素材は意外と少ない。

 以前、ゆっくり文庫さんが「迷子のロボット」を動画化する際に苦労されていたが、私も似たような状態に陥った。脚本はあるのに素材がない。家族で宇宙旅行に使うようなロケットの内装写真が欲しい。もちろん、既存のキャラクターが写り込んでいない状態の、無人の光景が望ましい。それも1枚だけではダメだ。ハッチの前、操縦席、子供たちが戯れるスペース、空っぽの機関室……

 SF素材がなかったから、過去の写真を使った。

 第一次世界大戦に使われた潜水艦の写真だ。ちょうどいい狭さ。ちょうどいい円筒の構造。ちょうどいい機械らしさ。未来の物語を作るために過去の遺物を掘り起こす。意外なことに、そこまで違和感なく画面を作れた。


ロケット_Moment艦内







③、ボドニは何を選んだか?



 「子どもを優先したのか」というコメントを見て、頭を抱えてしまった。

 その結論なら、最初の「誰か1人を火星に行かせる!」というアイデアと大差ない。ボドニは「みんなでおいしく朝食を食べられる道」を選んだ。それは夢を叶えることにくらべれば、笑ってしまうくらい簡単だった。(簡単なことじゃないか! 何を悩んでいたんだか!


ロケット_Moment朝食






 本当は私が冒険した箇所について詳しく触れるつもりだったが、今回は割愛する。
 原作と比較すると差異がハッキリわかって味わい深い。是非、原作も読んでみてください。面白いよ。



 さて、次は何を作ろうか

(海賊版)【ゆっくり文庫】 中島敦 「名人伝」













①、はじめに



最初に一言。

動画を見て、さらに編集後記まで見に来てくれてありがとう!



コメントで「編集後記が見たい」とリクエストを頂いたから、喜んで書いたよ! ただ、私は動画を投稿したのも初めてで、当然ながら古典文学の翻案動画の編集後記なんて書いたことがなかった。素直に白状すると、何を書くべきか決められなかったのだ。もちろん、本家本元のゆっくり文庫さんの編集後記を全部読んで、パクr……参考にしようと思った。しかし、視聴者の皆さまからしてみれば、二番煎じの解説など退屈でつまらないだろうし、何より私が書く必要がない。



悩みに悩んで、twitter上でアンケートを取って、みんなに書く内容を決めてもらった。

編集後記



その結果、今回は「私にとっての「名人伝」」というテーマで書くことになった。(裏設定が知りたい!動画作成奮闘記が読みたい!とリクエストしてくれた方には申し訳ない)(そのうち、気が向いたらtwitterで垂れ流すかも?)










②、私にとっての「名人伝」




初めて「名人伝」を読んだのは中学生のときだった。


当時の私は本当の意味での挫折を知らず、自分も天才になれると思っていた。そのための努力はメチャクチャした。正直言ってキツかった。神様に「中学生の頃に戻してやろうか?」と尋ねられても、私は迷わず首を横に振るだろう(笑) とにかく、中学生の私は「若き天才」という視点で「名人伝」を読んだ。

とても面白かった。


若者の才能が修業によってグングン開花していき、師を越え、天下一の名人となる。
私も「こうなりたい!」と憧れた。




それから十年ほど過ぎ、その間に私は幾度となく挫折を経験した。



凡人の自分に苛立ち、自分を怨み、呪った。自分の限界を認めたくなかった。しかし、結果は一切ついてこなかった。天才になりたくて、天才たちに近づいて、彼らの真似をして過ごした。そうやって生きれば生きるほど自分の器を思い知らされた。自分は天才ではない。彼らが私の手の届かない世界に行ってから、ようやく私は自分と向かい合うことができた。



久し振りに「名人伝」を読んだ。
今度は「天才になれない凡人」として読んだ。



悔しいことに、天才の傑作は昔以上に面白かった。純粋に射の道を歩ける紀昌が眩しかった。射で生活できる飛衛が羨ましかった。ああ生きられる人々の姿の美しさに比べれば、「不射之射」が本物かどうかなんてどうでもよかった。私もこうありたかった! こういった生涯を送りたかった……! 私の魂の一部は昔と同じように叫んだ。


しかし、十年の歳月が育てた別の部分は静かに微笑んでみせた。


「私は紀昌ではない。だからこそ面白い」




凡人だろうが天才だろうが、やれることをやるだけだ。そこに貴賤の差はない。紀昌は天下一の弓の名人だが、彼の食べる食料は誰が作っている? どこにでもいる凡人だ。彼の服だって、住む家だってそうだ。紀昌の「不射之射」だって凡人に支えられた技なのだ。そういうことを考えると、甘蠅老師は次元が違う。あの域まで行ってしまうと、おそらくもう人里で生活できないに違いない。……悲しいことだ。











そういえば、『列子』の中にこんな話が出てくる。



老子の弟子が地方の役人に質問される。


「老子は至言去言と言い回っているそうだが、そういう老子本人もその境地には達せないのかね?」(※至言去言……言葉を極めたら言葉を必要としない)
「いいえ。先生はやろうと思えばいつでもその域に達せます」
「それなら、なぜやらないんだ?」


弟子は「先生には先生の考えがあるのでしょう」とお茶を濁した。











私はこの話に魅かれた。


それを目指して、切望しても届かない人間がいる一方で、なれるけど敢えてならない人間がいる。
不思議と腹は立たなかった。そりゃそうだろう、と納得できた。人殺しの才能があるからといって、殺人鬼にならなきゃいけない道理はない。「不射之射」を体得できるけど敢えてやらない。そういった選択肢を頭に入れた状態で「名人伝」を読み返すと、飛衛に目が留まった。どうして飛衛は甘蠅老師の技と居場所を知りながら、彼の元で学ぼうとしないのだろうか? 答えはわかっていた。飛衛もまた、紀昌ではないのだ。






私は私だ。


胸を張って生きよう。














翻案動画の編集後記なるものを初めて書いた。


普段書く文章より「自分」を多く出したから少し恥ずかしい。調子に乗って書き過ぎたような気もする。ゆっくり文庫さんならもっとスマートにまとめられたことでしょう。しかし、これが私なのだ。私は私に作れる動画を作り、書ける文章を精一杯書く。次はもっとうまくできると信じて。


楽しんで頂けたなら幸いです。

プロフィール

みょこすけ

Author:みょこすけ
ニコニコ動画で古典文学を翻案した動画を投稿しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。